美術情報
さ あ 美 術 の 旅 へ 出 けましょう。    vol.1

「私は美術・芸術がさっぱり分からないのですが」

よく聞く話です。本気でそう思っている方も多いのにはビックリします。

芸術とは深く味わう物で、難しい言葉で語り合う物ではないのです。

語ってもムダです。

例えば料理と同じだと思っていただいて結構です。逆に言うと料理も芸術です。

どんなに高度な技法を使っても、専門家が絶賛してもあなたがマズイと思えば

それはマズイ料理です。

たとえすごさは理解できても、それ以上生理的に受け入れることは出来ないでしょう。

芸術もあなたが審査員であり、味わう主体なのです。あなたがマズイ絵だと思えば

それはマズイ絵です。知ったような顔で理解する必要はもともと無いのです。

理解できるかどうかより、身体にスッと入ってくる絵があなたにもっともフィットするよい絵です。

「あそこのラーメン屋うまいよ」「いやー俺にはあれは合わないや」と言う具合に

芸術を味わうのも同様に、作者との感性的な触れ合いなので「合う、合わない」はあると思います。

また自分の成長によってどんどん感性も変わっていきます。

イイ絵と出会えるのは、よいと感じられるのは、ほんとに縁でその縁と感性を大事にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

topページへ マップ